福島旅行その6、プリウスって…

<2009年11月28日~12月2日 4才7ヶ月>


すみません、福島旅行ネタ、、まだ続いています…(笑)。



それも、、やっぱり、どーでもいい話なので恐縮です…。



今回レンタカーをしたのですが、ハイブリット車プリウスをかりました。


うちの両実家とも、軽自動車や小型車ですし、
いつもレンタカーをする時は、小さいものを借りていました。

今回、、エコに興味がある夫もどんなものか乗ってみたかったらしく、
奮発してプリウスを借りてみたのでした。


乗ったとたん、私興奮です!


「すご~~い!私たち、こんな高級車乗るのはじめてじゃない~!」と発してしまいました(笑)。



自宅には車はありませんし、
今までどれほど、、ボロの車しか乗ったことしかないのか…(笑)。



今までハイブリット車って、なんとなく電気自動車のこと?、、と認識していたのですが、
今回調べてみたら、、

異なる二つ以上の動力源・エネルギー源を持つ自動車のこと。」だそうです。
ガソリンと電気ということですね…。


カーナビの画面はスイッチ一つで、
こんな画面にも。。

0911280042_convert_20091203162114.jpg

坂を下りている時(モーターOFF でタイヤが回転してる状態 )は、
モーターから発電し、ハッテリーへのアシスト充電をしますので、
↑の画面の矢印が逆方向になります。


走っていて、電気がたまるんですね~。

こんな画面も。

0911280045_convert_20091203162305.jpg



そして、この画面の交換操作も、ハンドルのスイッチ↓を押すだけなので、
運転しながら、見ることができます。

0911280044_convert_20091203162355.jpg


私、「すごーい、すごーい!」を連発して写真を撮りまくってしまいました(笑)。


一般的にはそんな高級車というわけではないのに、、貧乏くさい行動…(笑)。


それに、いつも紺太郎がチャイルドシートで後部座席にいるので、
私も後部座席に座るのですが、今回は母がいたので、私は久しぶりの助手席…。
ながめがよかったです~。





プリウスです。






今アメリカでも日本でも環境問題に積極的な人々を中心として、
爆発的に売れているそうですが、
今回乗ってみて、振動もすくないし、走りもいいし、
人気なのがわかったような気がします~。


そして、、以下は単なる親バカ記録です。。



「プリウスよかった。」とは書きましたが、まったく車オンチの私で、、
車の形とか車種とか、まったくわかりませ~~ん。


12月2日(水曜日)のことです。
朝に幼稚園のバスの集合場所へ行きました。
すると、いつもは停まっていない場所に車が停まっていました。


それを見て、紺太郎は、、
「あ、色は違うけど、乗ったやつだ~!」と。

CAEX5FHT.jpg


私にはまったくわからないことなので、びっくりしました。
後ろの所をみると、ちゃんとPRIUSと書いてありました。


おまけに、
「でも、パパのは837だけどね~。」と、ナンバーまで覚えていました…。
(後で夫に電話で聞いてみたら合っていました。)



ナンバーなんて私はまったく気にしていなかったのに、4日もたっても覚えていることにびっくりしました。
子供の着眼点っておもしろいですね…。



と最後はどーでもいい親バカな話に、、、失礼しました~。


******


今回使ったガイドブックです。図書館で借りてきました。

まっぷると、アイじゃぱんです。




個人的にまっぷるの方が使いやすかったです。


今回は、1泊でしたが盛り沢山な旅行でした。
最後の新幹線の騒動は余計でしたが…(苦笑)。



29日(日曜日)に広島へ帰った母も後から、
「今回、紅夫さんと話して親しくなれた感じで大変嬉しかった」
「紅子は頼もしい頼りになるご主人を持って、、パパ(私の父)とよく似たタイプかなーと思いました。」
とメールがきて、とても喜んでいました。





これで、福島旅行記は終わりです~。
お付き合いいただいて、ありがとうございました!


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑      
ランキングにご協力いただけるとうれしいです。
遊びにきてくださって、ありがとうございました♪

スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

福島旅行その5・新幹線で大暴れ

<2009年11月28日 4才7ヶ月>


1泊2日の旅行記が、一体いつまで続くんだ?という感じですが、、
日常ネタもないので、、福島旅行その5です。、、(笑)。


ほんとでしたら、その4の終わりで、
「楽しい旅行でした~」で終わらせてもよかったものですが…。


タイトルどおり、ただ「紺太郎が帰りの新幹線で大暴れをした。」というどーでもいい話なのですが、
その後、、ざまき家の大きな家族問題に発展したことなので、記録として…。


レンタカーの中で寝てしまった紺太郎…。
私が「寝起きは機嫌が悪いからイヤだな~」と車の中で言うと、
夫は「俺がいるから大丈夫だよ。」と真剣に受け止めていない様子…。
まあ、彼はわかっていなかったのでしょう…(苦笑)。



JR郡山駅で6時に無事にレンタカーを返しました。
駅前がキレイです。


0911280171_convert_20091202235529.jpg



紺太郎を起こしたのですが、ちょと愚図って抱っこをせがまれるくらいですみました。


つばさの新幹線に乗り込み、
母が「みんなで食べてもいいから」と「直江兼高公御膳」のお弁当を1つ買いました。

CAO8DTGB.jpg

売り子さんのワゴンが行ってしまった時、
紺太郎が私のところへきて、「アイスが食べたい」と。


私は「じゃあ、次にきたらね。」と気軽に約束をしてしまいました。
たぶん、もう来ないだろうな、、とも思っていました。



お弁当を食べたりして、、機嫌がよかった紺太郎…。
「グー」のサインです…(笑)。

0911280173_convert_20091202080628.jpg


すると、、またワゴンがきてしまいました。
もう下りるまであまり時間もありません。。

夫は「アイスなんてダメ!我慢しなさい。」と言います。

「ごめん、パパがダメだって。もう時間もないし。」と言うと、、



すると、、、大暴れです。。


手がつけられなくなりました。
泣いて、叫んで、暴れて、床に大の字…。


夫に抱っこしてもらってデッキに連れて行きましたが、、叫び続けていました…。
大絶叫です…。


それは、、それは、、すごかったです…。


思えば、私が「買ってあげる」と約束したのに、
それを破った形になったので、、悪かったのは私です。。

(周りの乗客にあやまりまくり、、)
新幹線の下車駅に降りた時は、、、夫はサウナに入った後のように汗びっしょり…。
ずいぶんご立腹の様子でした…。


私が紺太郎をなだめました。。


電車の中で紺太郎が、、落ち着いてきて、
しまじろうの12月号で「マナーの○×クイズ」があったので、
「新幹線で大泣きするのは、、○かな?×かな?」と聞くと、、
ちゃんと「×…。」と答えていたので、、自分で悪いことだとわかっていたのでしょう。



家へ帰って夫にも謝らせました。
「コンタロウね~、ねむくて、おなかすいて、ついつい愚図っちゃったの~」とか言っていました…。


夫も、
「パパも悪かったよ」とか言っていましたが、、、
よほどショックだったようで…。



その後、、私と二人だけになると、、
「紺太郎はダメだ。。もう旅行へは連れていけない!」と。。

アレレ?冬休み、マイルが切れるので、、どこか行こうという話は???

そして、
「紺太郎は甘やかしすぎだ
俺が子供の頃はあんなことなかった!」と言い出しました。


私が「4才の子供なんてあんなものじゃない?」と言うと、、


「紅夫家の子はそんなことなかった。
妹だって弟だって、あんなことはしなかった。」と。。


なんか紅子家の血筋のせいだとでも言いたいのか…(苦笑)?


うちはほぼ週末婚で、週末と週中1回帰ってくればいいほうなのですが、、

「俺が帰ってこないで、あんたに子育てをまかせっきりだったのも悪かった。
我侭なんだ!
我慢のできない子になっている。
この子はおもちゃもありすぎ!
もうカルタとかもいい!
しまじろうもやめろ!
DVDも見せるな!
(愚図ると私がすぐにDVDをつけて、なだめていたので。)
プレーヤーも片付けろ!
寝る時にCDを聞かせるのもやめろ!
コレが俺の意見だ。」


と…。


私はしまじろう、、続けるつもりですが…。
初告白、、「都道府県かるた」の他にカルタまだ買っています…。
小学生くらいになったら出そうと思っているものもあるし…。。



甘やかしすぎなのかな~。
私は4才なんてコンナモノだと思ったのですが…。



色々夫に言われて、、ちょっと気が重いです…。


*****

今回のお土産です。


CAYF10RP.jpg

ほとんど母が買ってくれました。
右下のタオルは「コンちゃん」と名前入りです。
喜んで幼稚園へ持って行きました。


月曜日に幼稚園から帰ってくると、
「砂場でばんだいさん、つくったよ~」
と嬉しそうに報告してくれました。


楽しい旅行でした。
夫に感謝です。

またいつか訪れたい場所です!


まあ、、、↑以外にも色々とありましたが…(苦笑)。


なんか、ぼやきになってしまってすみませんでした~。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑      
ランキングに参加していますので、ご協力いただけるとうれしいです。
遊びにきてくださって、ありがとうございました♪

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

福島旅行その4、五色沼・裏磐梯高原

<2009年11月28日 4才7ヶ月>


福島旅行その4です。


野口英世記念館
の後は、裏磐梯(うらばんだい)高原をドライブすることにしました。


裏磐梯高原は、大小約300の湖沼群が点在する標高約800メートルの高原です。



ガイドブックによると、磐梯山ゴールドラインと磐梯吾妻レークライン(有料)が
ドライブする上で景色が美しいようですが、「冬季通行不可」となっています。


11月下旬が「冬季」に入るのかわからなかったため、
野口英世記念館のすぐそばのお土産屋さんに入って聞いてみました。


私が聞いてみると、、、、1人の男性がもう一人の男性に、、

「むりだべ?」

「むりだべ~。」




の会話。


若い方だったのに、、。
方言が聞けて、、なぜかうれしい…^^。



一般道を行くことにしました。
11月16日から4月16日まで通行止めのようです。

車の外には磐梯山(ばんだいさん)が見えました。

0911280120_convert_20091202075655.jpg


会津民俗館の時は、小雨も降っていたのですが、晴れてきてうれしいです~。

0911280122_convert_20091202075746.jpg



紺太郎は、いつもおじいちゃんに「にほんちず絵本」の山の部分を読んでもらっている時に、





磐梯山は昔(約100年前)に爆発して、山の形が変わってしまったんだよ~。」
と本に吹っ飛んだ先の部分を、絵の書き込みまでされて、
聞いていたので、、実際のものが見せられてよかったです~。



裏磐梯高原の観光名所として有名な五色沼に到着です!

季節、時間、温度によって沼の色が変わります。
コバルトブルーや緑色のキレイな色です。
私たちがいる少しの間でも、太陽光線のかげんで沼の色が変わりました。

0911280127_convert_20091202103109.jpg



↓後ろにうっすら見える山が磐梯山です。
↑の写真の磐梯山のほぼ裏側にきました。


0911280138_convert_20091202080001.jpg

0911280139_convert_20091202080054.jpg


水が透明で、鯉が見えます。

0911280133_convert_20091202075838.jpg


私は↑の沼が五色沼という名前なのかと思っていましたら、
こちらは毘沙門沼で、
3.6キロの自然探勝路を歩くと、あか沼、みどり沼、るり沼、青沼、柳沼、弁天沼など10数個の沼があり、
それを総称して五色沼というそうです。


今回は割愛しましたが、
1時間くらいで歩けるそうなので、次回は歩いてみたいな~。
ガイドブックの他の沼の写真がすごくキレイです。


青沼と弁天沼です。

goshiki_6.jpggoshiki_4.jpg
(画像は裏磐梯観光協会のHPより。)


夏とかに、またゆっくり来てみたいです~!



五色沼を後にして、車を走らせていると、「磐梯山噴火記念館」がありました。


夫はこういうの大好きなので、中に入ってみるかどうか、ちょっと車を停めて悩みました。
でも(たぶん興味の無い)母もいるし、引き続きドライブ決定!


「これで火山噴火の博士になれる!」のうたい文句だったので、
こういうの、紺太郎に見せたいのですが・・・、
また次回に!


(ほんとに次回があるのかわかりませんが・・・笑。)




桧原湖(ひばらこ)沿いを走ります。


↓するとこんなもの発見。

0911280143_convert_20091202080146.jpg


小さな家のようなものがいくつもあります。
こちらまでボートできて、「わかさぎ釣り」をするドーム船でした。



桧原湖畔に車を停めてみました。
もう日が暮れかかっています。

0911280144_convert_20091202080249.jpg


ちょっとした小道があったので、
(ひざの痛い)母を車に残してちょっと歩いてみることに…。


0911280151_convert_20091202080402.jpg


「この岩は磐梯山が噴火した時に飛んできたんだよ。」と。

0911280160_convert_20091202080450.jpg


車へ戻ると、もう日が暮れていました。


0911280168_convert_20091202080542.jpg


夕方6時にレンタカーを返す為JR郡山駅へ向います。



すみません~、その5へ続きます(笑)。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑      
ランキングに参加していますので、ご協力いただけるとうれしいです。
遊びにきてくださって、ありがとうございました♪

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島旅行その3・野口英世記念館

<2009年11月28日 4才7ヶ月>


福島旅行その3です。


会津民俗館の後は、隣にある施設「野口英世記念館」へ行きました。(入館料 500円)



野口英世の生家です。

0911280087_convert_20091130235107.jpg


千円札と一緒にパチリ…。

0911280089_convert_20091130235216.jpg


英世が1才半の時に手を火傷した囲炉裏です。

0911280091_convert_20091130235534.jpg


母親のシカさんがアメリカにいる英世に、
「帰ってきてほしい」と切々と訴えている、現存する唯一の手紙だそうです。

0911280106_convert_20091130235940.jpg

0911280105_convert_20091130235832.jpg

「早く来てください。早く来てください。
早く来てください。早く来てください。」

の、訳文の続きは、

「一生のたのみです。(帰ってきてください。)
西を向いては拝み、
東を向いては拝み、
北を向いては拝み、
南を向いては拝んでいます。」

と続いています。


息子を想う母の気持ち…。
もしも大きくなった紺太郎も異国にいたら、、こんなふうに思うのかな~(苦笑)。


でも、、野口英世の功績はすばらしいけれど、一説によると、
大酒飲みで、金銭感覚にルーズで、借金しまくってそれを踏み倒しまくっていたそうで…。
それが真実なのかはわかりませんが、、
もしそうだったら、母親の心配ははかりしれないものでしょう…。

果たして、、英世さんは母の手紙をどう思ったのか興味があります。
母の気持ちをありがたく思ったのか、、、わずらわしく思ったのか…。
どっちなんだろう???




↓野口英世の人形です。
質問のボタンを押すと、アクションつきで答えてくれます。
すごく精巧にできた人形です。

0911280100_convert_20091130235652.jpg


↓生い立ちをマンガのパネルにしてあったのですが、
それを1つ1つ全部、、、「読んで~、ちっちゃい字もね~」と読まされました…。


0911280111_convert_20091201000206.jpg



話はずれますが、
私の大好きな小説に星新一さんの「明治・父・アメリカ」というものがあります。




作家の星新一さんがご自分のお父様、星一(はじめ)さんについて書かれた本です。
星一さんは星製薬会社と星薬科大学の設立者で、
会社を立ち上げる前、
明治時代にアメリカに渡り、働きながらお金を貯めコロンビア大学を卒業しました。
明治時代のこと、いろいろな人(伊藤博文など)との出会い、アメリカ留学生活などがこの小説に書かれています。
ずいぶん前にこの本に感銘をうけました。
(この本についての記事はこちらです。)


その星一さんが、、↓このパネルに登場して、、一人で興奮していました(笑)。
英世は、友人・星一と一緒にエジソンを訪ねました。」

0911280112_convert_20091201000324.jpg

話はそれまして、、失礼しました…。



最後、1928年(昭和3年)英世は西アフリカにて黄熱病の研究中に病に倒れ没します。
彼の最後の言葉は、「わたしには わからない。」だそうです。

0911280113_convert_20091201000452.jpg


そして、英世の功績を深く評価していた石油王ロックフェラー2世の命により、遺体はアメリカに戻され、(英世の所属する)ロックフェラー医学研究所で丁重な葬儀が行われたそうです。

野口英世博士の墓は、アメリカ人妻のメリーさんと一緒に、
ニューヨーク市ブロンクス区の北先端、Woodlawnという数多くの著名人が埋葬されている公園墓地にあるそうです。

機会があれば、いつか訪れてみたいものです~。

しかし、、彼の「わたしには わからない」を読んで、
「わたしにも わからない…。」とか勝手に思ってしまいました…(笑)。




英世の愛用した将棋です。

0911280115_convert_20091201000745.jpg


母子像です。43年ぶりに公開というので、、撮ってみました。

0911280116_convert_20091201000844.jpg


出口の石像と一緒にパチリ…。

0911280119_convert_20091201001115.jpg


そして、母が紺太郎と夫にお土産にTシャツを買ってくれました。

0911280107_convert_20091201000054.jpg


とても楽しい記念館でした~。


夫はこういう博物館系は、じっくり見るタイプで時間がかかるので、
横のお店で、先におそばと喜多方ラーメンの昼食をいただきました。


喜多方ラーメンの写真を撮り忘れたので、、
おみやげのパンフです…。

CAJ56OVI.jpg




その4に続きます…。


すみません~、こんなつもりはなかったのですが、
また長くなってしまいました(苦笑・汗)。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
      
長いのに遊びにきてくださって、ありがとうございました♪

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

福島旅行その2・会津民俗館

<2009年11月28日 4才7ヶ月>



福島旅行その2です。


最初に向った先は、猪苗代湖畔にあります「会津民俗館」です。(入館料 500円)


昔の生活用具など色々展示されていました。


昔、日本にもベットのようなものがあったなんて意外です~。
「箱床」というものらしいです。
ベットより温かいでしょうね…。

0911280052_convert_20091130124658.jpg


囲炉裏です。

0911280060_convert_20091129211423.jpg

(すみません、紺太郎、、こういう場所で飴はよくないですね…。)

↑紺太郎の頭の後ろの棚に並んでいる「かまぼこ型の箱」のようなもの、、
私の母が子供の頃に実際につかっていたコタツだそうです。


↓中に木炭を置き、この上に直接布団をかぶせたり、木枠をおいて布団をかぶせていたりしていたそうです。

0911280059_convert_20091130134342.jpg


木の世界。。

0911280064_convert_20091205130802.jpg




↓稲藁でつくられた雪靴です。


0911280067_convert_20091129211515.jpg


わらぶき屋根の裏です。

0911280068_convert_20091129211608.jpg


蓑です。

0911280071_convert_20091129211700.jpg




私の母が昔教えてくれた歌に、

小原庄助さん、何で身上(しんしょう)潰した~♪
 朝寝、朝酒、朝湯が大好きで♪ 
 そ~れで身上(しんしょう)潰した 
 ハーモットモダーモットモダ♪」


というのがあり、
私が実家や温泉などで朝風呂に入るときに、
湯船の中でつい口ずさんでいるものでした。。(笑)

身上(しんしょう)というのは財産、資産のことです。


その↓小原庄助さんゆかりのお風呂を2つ見つけました(笑)。
福島の人だったんだ~。知らなかったです。


(でも、ちょっと調べてみたら、小原庄助さんはこれだけの有名人?でありながら、
その実体がよく分からないという不思議な人物だそうです。
色々説があるそうです。
そして今回調べて知ったのですが、この歌は民謡『会津磐梯山』のなかの囃し言葉だそうです。)



0911280080_convert_20091130124843.jpg

0911280073_convert_20091129211756.jpg

↑外は寒いです~。5度くらいかな…。



国指定重要有形民俗文化財「製蝋小屋(ロウソクをつくる小屋)」です。

0911280078_convert_20091129212002.jpg



↓国重要文化財「旧馬場家住宅」です。中流農家の民家です。

母屋と馬小屋と一緒のL字型の家曲家(まがりや)」になっています。
曲家は今年の岩手旅行の時にも見ています(こちら)。

0911280077_convert_20091129211902.jpg


↓国重要文化財「旧佐々木家住宅」です。
佐々木家は37代も続いた名家(名主)で、
1773年に建てられたものだそうです。
明治時代は村役場に使われていたものらしいです。


0911280081_convert_20091129212056.jpg


この会津民俗館、面白かったです~。

その他、赤べコの絵つけ体験などできるようです。



この会津民俗館のすぐ隣が「野口英世の生家(記念館)」になります。


その3へ続きます…。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
      
遊びにきてくださって、ありがとうございました♪

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード