幼児期の、思い出に残る絵本たち

<2015年3月12日 9才10ヶ月>



先日本箱を整理したときに(こちら)、
子ども部屋の本箱には絵本はほとんど残りませんでした。


息子は4月から小学校4年生ですが(早くて驚きです)、これから絵本はどんどん読まなくなってくると思います。


そんな中、紺太郎が幼児期のときによく読んだり、
我が家の思い出にに残る絵本をピックアップしてみました。



まず、「せんろはつづく 竹下文子、鈴木まもる 金の星社」です。






小人が線路を敷いていくお話なのですが、途中で山があったり、川があったりします。
「やまがあったどうする?」「トンネルをほろう」
「かわがあったどうする?」「まわりみちをしよう」
と、どんどん線路は続いていきます。


紺太郎が2才くらいのときに大好きな絵本でした。
「どうする?」と大げさに言うと、
「キャ=!」と興奮していました。
だんだんそらんじてくるようになりました。


鉄ちゃんの血はこのころから育まれていたんだな~。



「めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集) 長谷川 摂子 (著), ふりや なな (イラスト) 福音館書店」

「やまなしもぎ (日本傑作絵本シリーズ) 平野 直 (著), 太田 大八 (イラスト) 福音館書店」も何度も読みました。





なぜか気に入っていたようです。


「カニ ツンツン (こどものとも傑作集) 金関 寿夫 (著), 元永 定正 (イラスト) 福音館書店」




こちらは、蟹らしきへんな絵と「カニ  ツンツン  ビイ  ツンツン チャララ-、チャララ」と意味不明の言葉が続いているだけなのですが、
読んでいると、途中で必ず紺太郎は大うけしていました。


2~3才ころは、絵本を購入していたのですが、
買っても気に入らなくて数回しか読まないものもあって、
もったいなくなってきたので、図書館で借りるようになりました。
でも、↑のように手元にあると、気に入ったものは何度も読めるのでいいです。


図書館で借りて、とっても思い出深い本は、
「だいすきひゃっかい (レインボーえほん) 村上 しいこ (著), 大島 妙子 (イラスト) 岩崎書店」です。






夜寝る前に、女の子はお母さんに抱っこされて、
「だいすき、だいすき、だいすき、だいすき、、、」と100回くりかえし、
「だいすき100回!」と言います。


これ、、うちの寝る前の儀式になりました。
全部言うのは面倒なので、「だいすき 1万回」とか「だいすき、無量大数」で省略しちゃいますが…。
9才になった今でも二人でたまに言い合っています^^;
今日(3月12日)も紺太郎は
「だいすき 1千万回 かける 10、さていくつでしょう?」
なんて布団の中で言っていました。



我が家に影響力のあった本です。



そして「こんとあき 林明子 福音館書店」これは登場人物がよくて、好きでした。
図書館で何回か借りたのですが、買ってもよかったかも…。







絵本じゃないのですが、
買ってよかったものもう1つは「幼い子の詩集 パタポン 童話屋」です。
色んな人の詩が載っています。
谷川俊太郎さんの「けんかならこい」「おならうた」などは、紺太郎はそらんじてしまいました。







今はもう紺太郎に「読み聞かせ」することはありません。
あの頃は読むのがメンドウでした…^^:


でも、、「子育ては期間限定」と言いますが、
あの頃がなつかしいような…。
読んであげたときの、真剣な顔、喜ぶ顔が、、なつかしい…。
かわいかったなー。。





お付き合いくださってありがとうございました。
他にも思い出深い本はあると思いますが、とりあえず思い出したものだけ書きました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

6才10ヶ月で借りた本「すばらしい彫刻」、新幹線の本、etc

旅行から無事に帰ってきました^^。
今度また旅行記を書きたいと思いますので、よろしかったらお付き合いください。
先に書き溜めたものをアップします。



<2012年3月 6才10ヶ月>



3月に借りた本の記録です。


1か月分まとめての記録になってしまいまして、長いですし、
いい本を全部紹介しきれないのですが、、。





1203080053_convert_20120401121238.jpg



***


1203150051_convert_20120401121321.jpg



↑の中で私がよかったものと思うものが
「すばらしい彫刻  かこ さとし (著) 偕成社」です。







我が家には同じシリーズの「うつくしい絵 かこさとし  偕成社」があります。
ページの一番後ろに彫刻の本の紹介があり、
紺太郎が「これも読みたい~」と言うので借りてきました。







エジプトの彫刻から、


1203150053_convert_20120401121412.jpg


ミロのビーナス、

1203150054_convert_20120401121441.jpg



阿修羅像、

1203150055_convert_20120401121510.jpg



キリストを抱く母マリアのピエタまで、、わかりやすく説明していました。

1203150056_convert_20120401121539.jpg




私が読んで勉強になりました。
ミケランジェロって素晴らしいんですね。
写真だけでも感動しました。




なーんで、書いていますが、


最初「ダビンチ」と書いて、「あ、ミケランジェロだっけ?」と書き直しています(苦笑)。。



***


1203150058_convert_20120401121613.jpg



電車好きの紺太郎のために図書館のHPで「しんかんせん」のワードを入れて検索して借りたものです。



もうすでに借りたものもありましたが、
色々あるんですね~。



古いものもあるので、
「はしれ!とうほくしんかんせん (のりものえほん) [単行本] 関根 栄一(著), 横溝 英一 (イラスト) 小峰書店」
では東北新幹線が盛岡までしか通っていません。







あと今回は借りませんが、この新幹線の本もいいと思います。
「新幹線のたび ~はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断~ (講談社の創作絵本) コマヤス カン (著) 」





***


1203220052_convert_20120401121718.jpg




***


1203300002_convert_20120401121903.jpg




この中で紺太郎が喜んだのは、
「小田急ロマンスカー・VSEにのろう! (のりものえほん) [単行本] 松本 典久 (著), レイルマンフォトオフィス  小峰書店」です。






こんなことして喜んでいますので(笑)。。

(3月7日)


1203070040_convert_20120310115243.jpg

***

1203300003_convert_20120401121924.jpg



こちらは春休みに一緒に図書館へ行って選びました。


喜んでいたのは、
「大きな運転席図鑑 学習研究社」です。




図書館の中でも釘付けで、家に帰ってからも真剣に読んでいました。


(3月24日)
1203240003_convert_20120401121812.jpg


***



長くなりました。
幼稚園年長の時に読んだ本を見てみると621冊になりました。
(数え方はかなり適当です。)
これも、、年中の時に「絵本の時間」を作ろう!と思ったからできたことでした(こちら)。
色々本が沢山読めてよかったです~。


小学校へ行っても、続けられるうちは続けていきたいですが、
どうかな~?
大きくなって絵本も卒業していくのかしら…。。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

絵どく、とチラシ寿司

いつもの日記の前に…。



3月11日、、
ちょうど震災から1年がたちました。


あの2時46分は決して忘れません。


その後に流れる津波の映像、
原発の事故、
計画停電、
放射能への恐怖、、
余震へのおびえ…。


なにげなく暮らしていた日々から、、
「悲しみ」と「恐ろしい、怖い」と不安で震える毎日を過ごしました。



「普通に暮らす」ことや「日常」を過ごせるのが「当たり前」ではない、と改めて考える出来事でした。



改めて亡くなった方のご冥福と、
皆さんの心の平安と復興への願い、
原発事故の早期終息を祈りたいと思います…。





*******


<2012年3月3日 6才10ヶ月>




いつも週末はどこかに出かけている我が家ですが、
3,4日(土、日曜日)はめずらしくゆっくりと家で過ごしました。


紺太郎は鼻水が少し出ていました。
熱もまったくなく、とても元気だったので「行き先」も考えていて出かけようとしたのですが、
「ボク、風邪だから家にいる~」と言います。


夫がありがたいことに、
「オレが仕事しながら子どもを見ているから、出て好きなことしてくれば~」と言ってくれたので
(いつも母子でベッタリくっついているので、たまには引き離したかったみたいです)、
土日とも私は午後は一人で出かけさせてもらいました。



土曜日(3日)に私が家を出ようとしたときに、ちょうどamazonから郵便がきました。


去年の10月に注文していたのですが、
生産中止?になっていたのか、5ヶ月かかってやっと届いたものでした。


「絵どく〈レベル1〉「数独」から生まれたお絵かきパズル (脳育チャレンジ) [単行本] 岡本 修身 (著) 幻冬舎エデュケーション」です。







数独9x9のマスに重ならないように1~9までの数字を入れていくものですが、
こちらは3x3の簡単なものから始まり、絵を入れていきます。


紺太郎はすぐにはまっていました。
(夫は「オレが見ている」と言いながら、疲れて昼寝中。。)


1203030073_convert_20120309203440.jpg





「じゃあ、いってくるね~」と出かけて、
私が夕方帰ると、本の半分以上をやっていました。



地図記号があったり、お天気記号があったりして、少しお勉強にもなります。


1203050008_convert_20120309203734.jpg




形を真似するので、お絵かきの練習にもいいかもしれません。


1203050010_convert_20120309203813.jpg

1203050013_convert_20120309203920.jpg



「コレ、何?」と笑ってしまうような絵もありました。


1203050011_convert_20120309203848.jpg



夜は最後のページにあった数独もがんばってやっていました。


1203030076_convert_20120309203604.jpg




レベル2もあり、欲しいけど、、
定価で売っていないので、、買わないと思います。。






レベル1も今は定価で売り出してはいませんが結構お勧めです~。



***


3日は夕方に私が帰ると、紺太郎は一生懸命何やら工作をしていました。


今夫の部屋に勉強机(私が子どもの時に使っていた物)があるのですが、
広島からハッサクが届いたり、ペットボトルの水が届いたりしたので
ダンボールが3箱その部屋の床に並べて置いていました。


ダンボールをまたがないと机に行けないような状態だったのですが、
隙間にドアを作っていました。


しばらくして出来上がりました。

「べんきょうのとびら」と書いています。


1203050006_convert_20120309203706.jpg


1203050007_convert_20120310031742.jpg



一方の横にガムテープを貼って開くようになっています。



ドアを通るより、またいだ方が早いと思うけど…(笑)。
まあ、、、一生懸命作っていました。




(私は出かけましたが)
家で一日過ごすのもいいものです。
家中、すごい散らかりようでしたが…(苦笑)。




***





この日3月3日ひな祭りだったので、夕食にちらし寿司を作りました。
「ミツカン」の混ぜるだけのものですが…。




1203030075_convert_20120309203538.jpg



薄焼き卵をフライパンで作っていて「ひっくりかえそう」と思った時に、
紺太郎が「ママ~、(ドア作っているので)セロテープの替えはどこ?」と言います。
「今、手が放せないから、ちょっと待って」と言うと、
「待てない!(いばって、命令する感じ)」と言うので、イラっとして怒ってしまいましたが…(苦笑)。



テープが入っている場所を伝えましたが、
このせいではないのですが、薄焼き卵はうまくできませんでした。
卵を細く切るのが難しいです。




盛り付けもセンスがモノをいいますよね。
うまく盛り付けとかできるようになりたいです…。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

谷川俊太郎の本「あいうえおっとせい」など

<2012年2月後半 6才9ヶ月>



昨日に続きまして2月後半に図書館で借りた絵本の記録です。


1202290031_convert_20120305122810.jpg




2月11日「詩と音楽のコンサート with 谷川俊太郎 と谷川賢作」こちら)へ行って楽しかったので、
影響を受けて谷川俊太郎さんの本がズラ~っと並びました。




   


(↑こちらは絵が梶山俊夫さんの絵本を探せませんでした。)



この中での私のお勧めは
「あいうえおっとせい (ことばあそびえほん) 谷川 俊太郎 (著), 白根 美代子 (イラスト)  さ・え・ら書房 」です。







こちらは「あいうえお、かきくけこ」の50音に文章をつけて詩になっています。


あさ
いすの
うえに
えらそうに
おっとせい


といった具合です。


1202290012_convert_20120305123029.jpg



こういう本は他にもあると思うのですが、
文章が谷川俊太郎さん独特のとぼけているというか、ユーモアがあるものなので、
絵と一緒に読んでいると微笑んでしまいます。



以下もう少し紹介します。


さるは
しまが
すき
せっせと
そめている



1202290015_convert_20120305123215.jpg




らし
めに


いている



と言う風に文章の真ん中に「ざじずぜぞ」が入っている場合もあります。


1202290026_convert_20120305123253.jpg



    まって
   ちこまって
 なべ
こかげ
あまや



の「だぢづでど」のように文章がずれているものもあります。


1202290027_convert_20120305123320.jpg



この本を読んで、早速紺太郎と真似して「言葉遊び」をしてみました。
私、夫、紺太郎と家族の本名を使って詩を書いたので、
お見せできないのが残念なのですが、
「ブッハッハ!!」と二人で笑ってしまうようなものばかりができました。



てんぷらがたべられない
まあ
きながに いこっか~


とか、



ろうかに
うまのふんがある


など
「どうしてコレ??アハハハ~」というような文章ができて楽しかったです。




この本を読むと言葉遊びがしたくなり、
誰でも詩人になれるかも(??)




あと「みみをすます [単行本] 谷川 俊太郎 (著), 柳生 弦一郎 (イラスト) 福音館書店」は絵本というより、
3cmくらいの厚みがある「本」でした。
これは紺太郎にはチラっと読んだだけで、あとは自分で読んでいました。









みみをすます
きのうの あまだれに みみをすます
みみをすます
いつから つづいてきたともしれぬ
ひとびとのあしおとに みみをすます。



というような詩が書いてあります。


私が心の残ったのは、

みみをすます
じゅうまんねんまえの
こじかのなきごえに
ひゃくまんねんまえの
しだのそよぎに
(続く)


の部分です。


1202290009_convert_20120306063731.jpg




ここを読んで、
長い歴史がある「自然」の中の自分を、
もっと感じることができる自分でいたいな、と思いました。



そして「あなた」という詩です。


あなたのはなは
わたしのはなではない
あなたのくちは
わたしのくちではない
あなたのこころは
わたしのこころではない
あなたをぶったとき
いたかったのは
わたしではない
(中略)
あなたは
だれ?


1202290011_convert_20120306063756.jpg



今年の2月に自分の頭の中で色々とありまして、
「自他分離の大事さ」の考えがグルグルと渦巻いていたので、
この詩はグッときました。


あなたのこころは
わたしのこころではない




何でもないときに読んだら「そりゃ、そうでしょう~」で終わった詩ですが…(苦笑)。




ちなみに「あけるな谷川 俊太郎 (著), 安野 光雄(イラスト) ブッキング;(復刊版)」は意味不明…でした。




私は国語は昔から苦手で読解力がないんですよね…。
どなたか最後の絵(人形の所)の意味がわかる方、教えてください~。
(一応、検索してみたのですが、よくわかりませんでした。)



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

6才9ヶ月で借りた絵本「せんろはつづく」の続編2冊

<2012年2月後半 6才9ヶ月>



2月後半に図書館で借りた絵本の記録です。


1202270316_convert_20120304115304.jpg

1202230025_convert_20120304122600.jpg





紺太郎は2才頃に持っている絵本の「せんろはつづく 竹下文子 鈴木まもる 金の星社」が大好きでした。







最近彼が2才の時のDVDを見たのですが、
この絵本を読んでいる場面ばかりを撮っていました。
まだ字は読めないはずなのですが、読んでくれる人と一緒に本の中のセリフを言っていました。


「やまがあった どうする~?」
「トンネルをほろう~」

「いけがあった どうする~?」
「まわりみち していこう」
と舌足らずのセリフが何とも言えません。。(親バカ)


何度も何度もこの絵本を読んでいる場面をDVDに撮っているので、
今見ると「しつこい」と思ってしまうのですが(笑)、
よっぽどその時に親としてかわいかったのでしょう…。


電車好きの小さい男の子にお勧め絵本です。


その続編として、
「せんろはつづくまだつづく (いっしょにあそぼうよ!シリーズ)」と
「せんろはつづく どこまでつづく」
の2冊が出ています。


 





前に図書館で借りたり、本屋で立ち読みなどしていて読んでいたのですが、
紺太郎が急に「続きをまた読みたい~」というので借りてきました。



4月に小学生になるので、
買うとなると、、、字も少なくて「幼すぎるかな?」と思ってしまう本なのですが、
はまって何度も読んでいました。



「せんろはつづく」、続編2冊もお勧めです~。





「うんこ! [大型本] サトシン(文) 西村 敏雄 (イラスト) 文溪堂」の絵にも大笑いしていました。
汚い話ですが、、子どもはこういう関係の本が好きですね…。








明日も絵本の紹介です。




遊びにきてくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード