映画「羊と鋼の森」

<2018年7月 13才2か月>


数か月前に息子は「羊と鋼の森」の小説を楽しそうに読んでいたので、
「映画やっているよ」と教えてあげると「行きたい」とのことで行ってきました。
(公式HPはこちら


320hitsujitohagane.jpg







私は全く内容がわからず見たのですが、
勝手に殺人が出てくるようなサスペンスだと思っていました^^;
森=謎のイメージがあって…。


ところが、とっても平和なお話で驚きました。
一人のピアノの調律師(山﨑賢人)の成長物語で、
北海道の大地を背景にとても静かに話は進んでいきました。
こういう世界があったんだと、面白かったです。


そして、
何より西郷どんにも出ている鈴木亮平さんがかっこよかったです!
色気があって、、、ドラムを叩いている姿には痺れました。
素敵です。


予告です。





もう一つワンダーも見に行きました。


320wonder.jpg



私は2回目ですが(こちら)、とても感動したので子どもにも見せたくて。
息子もよかったそうです。
原作を読んでいますし。。
が、
あんなに仲の良い夫婦っているのかな、、、という疑問もありましたが。
ちょっと美化しすぎ??
でも、お勧めです。









にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

13才2か月で読んだ本「コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし」

<2018年7月 13才2ヵ月>


息子はすでに夏休みに入りました。
学校は成績の順位が出ないので、数字はもらってもどの位置にいるのかまったくわからず…。
体育と音楽以外は数字的にはまあまあでしたが、
1年の1学期は易しいようで、その後ドンドン数字が落ちていったという先輩ママさんの書き込みがあったので、
その後も引き続き頑張ってほしいです。


6月と7月に子供が借りた本の記録です。
科学(化学?)の宿題に借りた本も含まれています(全部は読んでません)。
学校の図書館では鉄道の本を大量に借りてきました。


1806210014.jpg


1806270016.jpg


1806190011.jpg


1807110002.jpg


1807130003.jpg


1807140001.jpg



写真を撮るのを忘れて↑にない本なのですが(後日アップします)、
お勧めしたい本は、いつも遊びにいっているブログで紹介されていて知った「マンガ - コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし 」と「数学と文系ちゃん ~役に立つ数学のススメ~」です。







「まんがでわかる 伝え方が9割」と「マンガで読む人生がときめく片づけの魔法 」は私が買って置いていたら勝手に読んでいました。







NHKのeテレの番組「100分 de 名著」のユゴー『ノートル゠ダム・ド・パリ』( 2018年2月 ) は
ノートルダムの鐘のCDが好きで、
毎日聞いて歌っているので、何かキッカケになればいいなと思って買いました。






夏休みは沢山本を読んでほしいですが、
宿題もたくさん出ているようです。
大丈夫かな~、終わるのかしら。






にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

DVD「大地の子」

<2018年7月6日 13才2か月>


息子の中学では期末も終わり、今週は午前中授業だったり、
2時間目や3時間目始まりだったのもあり気分はすっかり夏休みです。


そんな中、二人で鑑賞したDVDがあります。


山﨑豊子さん原作の「大地の子」です。
図書館で借りました。


1807050020.jpg





ずっと前に見たとき(1995年?、全話ではなく一部かな?)、すごい衝撃を受けました。
皆さん話はご存知だと思うのですが、
戦後、引上げ中に中国大陸に残された子どもが生き抜く話です。
主人公の上川隆也の中国語の上手さにも驚きました。


1807050025.jpg





ずっと子どもができたら見せてあげたい、、と思っていたので、やっとです。


スマホやらyoutubeなど楽しいことや便利なことが沢山あるこの時代ですが、
無実の罪でつかまったりする(←主人公が)、こういう時代や国があったことをわかってもらいたくて。。


戦争の悲惨さ、残酷さなどが出てきて、息子は途中で「見ない…」と言うかもしれないと覚悟していましたが、
いつもあまりテレビを見せていないのもあって?興味深く見ていました。
毎日2話ずつくらいみて、最後まで見終わりました(全11話(1話約1時間)&インタビュー)。


面白かったそうです。
私は何度も涙が出ました。


私も息子と戦争の話や中国残留孤児の話をすればいいのに、


(↓見たことがある人しかわからないネタですが、)
「(主人公が)カツオって、サザエさんみたいだね~」
「(中国で)何で白菜持って歩いていちゃいけないの?ヘンだよね~(密告された)」
「(中国人の団体が日本のホテルに来て)大人の男性の門限が夜9時っておかしいよね~」
「(主人公の初恋の人は)顔はキレイだけど、性格きつそうだね~」
「(記憶を無くし中国で育って、後から日本語を習った設定の上川さんが)日本語上手すぎだよね?」「確かに~」

なんてどうでもいい話ばかりしていました。


最後に日本のお父さんを「お父さん」と呼ばないで終わってしまって、
呼んでほしかったな。


wikiで山崎さんの言葉を見つけたので載せておきます。


「中国大陸のそこここで、自分が日本人であることも分からず、小学校にも行かせてもらえず牛馬の如く酷使されているのが本当の戦争孤児ですよと…、私はこれまで色々な取材をしましたが、泣きながら取材したのは初めてです。敗戦で置き去りにされた子どもたちが、その幼い背に大人たちの罪業を一身に背負わされて『小日本鬼子(シャオリーベンクイツ)』、日本帝国主義の民といじめられ耐えてきた事実、日本の現在の繁栄は戦争孤児の上に成り立っているものである事を知ってほしい。大地の子だけは私は命を懸けて書いてまいりました」




暗い話ですが、お勧めです~。
上川さん、素敵~!


息子が見てくれてよかった…。



(7月7日追記)

息子が「最近のお弁当の卵焼き(←出来合い)美味しくない~」と言うので、
「あつこ(主人公の妹で働きづめで体を壊して亡くなる)の事考えなよ~、
そんなこと言えないでしょ」なんて会話がありました。
いつもの厚焼き卵が売り切れで、買った出し巻き卵が味がなかったようです。

最近あまりお弁当を持って行っていなかったのですが、今週は学食がお休みで生協しかやっていないので、
お弁当を作っています。

で、月曜日に朝「お弁当入っているよ」と言ったのに、
「午後までカバン開けなかったからお弁当があるのがわからなかった」と生協でお弁当を買ったそうです。
せっかく作ったのに~~、、とイライラ炸裂!
仕方ないんですけどね…。





にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

口出ししちゃいけない、いけない、、と思いつつ

<2018年6月27日 13才2か月>



息子の学校は今週に期末試験があります。


同じ年の中学受験をした方のブログを色々読んでいますが、
その中で、先生との面談で「勉強についてはお母さんが口出ししないでください。
部屋にも入らないで」と言われた、、というものがありました。


私も、そうだよな~、
もう口出ししないほうがいいんだよな、、、
と思いました。


が、、24日(日曜日)、ダラダラしている息子を見てモヤモヤ。
でも「もう、まかせよう。結果が悪くても、、」と思いました。


が、、、クラスメイトから借りた漫画を読み、家の本を読み、
全然勉強しません。
(一応「いいの?」くらいは声かけしていました。)


そして寝る時間の10時を過ぎてやっと机に座り宿題の代数をやり始め。。


ちょっとーー!時間の使い方間違っているんじゃない!!!


プチっと何かが切れました。


その後、本を読んだりしているとイライラ。。
口出ししちゃいけない、口出ししちゃいけない、、、と思いつつ、
セーブ出来ない!


私立の学校は「管理型と自由型」二つあると思うのですが(間もある)、
息子の学校は完全に自由型。
やらなければ、やらないで本人の自由。
宿題をやらなくても何も言われませんし、チェックもないよう…(レポートは別)。
(それで学校の大学受験の結果がいいのだったらいいのですが、浪人が多くて…。7年生があると言われている。。)


代数の宿題はタンとあるよう。
でもやらない子も多いよう…。



そして地学の試験があったのですが、
「次の日の朝、学校でノート見ればいいから~」とまったくやらないつもりの息子。


私が、「前の日に見ておいた方がいいって」と口出ししてしまいましたが、
無視。

結局「早く学校に着きすぎて、のんびりしちゃって~、ちゃんとノート見られなかった」とのこと。。


カチン、、。


で、「あ、ここも間違えた、ここも!」とノートを見ながら言う息子。


うーー、、もったいない、、甘いぞ!と思うのは私だけ??


私が中学の時は、参考書を見てノートをまとめたり、
問題集をやったりもっとまじめに勉強したぞーー!!
学校によっては(去年説明会で聞いたけど)、試験前の2週間「学習計画表」を提出する学校もあった。



結局クドクド、クドクド。
→うるさがられる。。




こういう問題集、ポチりとしたいけど、
勝手に買ってもやらないだろうし(「いらない」と言われた。)







こんな調子でいいのか。
口出ししちゃいけない、いけない、いけない、、、と思いつつ、
つい口出ししてしまうのでした・・・。


だって、学校にまかせて「放任」して、
落ちててそのまま、、で終わったら嫌だもの…。



でも任せるのがいいのだろう、、という理想もわかる(つもり)。
ジレンマーー。



↓この本、息子が幼稚園の頃に買ったのだけど、、、
読み返そうかな。。
「子供を信じて見守る」、、かーー。






にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カバンが重い

<2018年6月 13才1か月>



先日私が中学校へ用事があって行った帰り、学校から駅までゆっくり歩いていると、
部活が終わった息子が私を追い越して歩いていきました。


声をかけると息子は「あ~、全然気が付かなかった~」と。
ホント危ないと思うのですが、息子は本を読みながら歩いていました。
前から歩きながら本を読むのを「やめて」と言っているのですが、全然響いていないよう。
自分が怪我するのは仕方ないかもしれないけど、他の方を怪我させたら大変なので、やめてほしいです。


小学校のときは6年間のうち学校の図書館の本を借りて(家に持って帰った)のは数回だったのですが、
中学生になってから鉄道関係の本を借りてくることが多くなってきました(後日紹介します)。



また宿題で「調べもの系(レポート)」が多くて(化学か科学か?音楽も)借りてきます。
題材は与えられたものもありますが、
「自由に自分の気になっているものを調べる」
なんてものもあり、締め切りが重なったりして大変そうです。
でも今の所頑張っているようです。
小学校のときは学校の宿題をやらなくて、、、ほんとこっちがヤキモキしていたのですが、
(先生と話し合って免除してもらったり、)
今の所大丈夫のようです。


それで、帰りの電車は一緒だったのですが、
「鞄をあみ棚に置くよ」と持ったら、重い~~!!


「なにこれ?粘土でも入っているの!?」と聞いてしまいました。





せっかくロッカーがあるのだから、置けるものを置いて来ればいいのに…。
スペースも限られているし、めんどくさいそうです。
それに図書館の本もあったようです。



21日(木曜日)に、学校から帰ってきたときに体重計に乗ってもらったら鞄の重さは10キロありました。


ちょうどツイッターで公立中のお母さんが「娘の鞄が12キロ、置き勉禁止だから、学校に交渉したい」とつぶやいていたのを見たのですが、
うちはロッカーに置いてきていいのだから、置いてきてほしいわ。



やはり図書館で大量に本を借りてきたようです。
普通は2週間が期限ですが、夏休みは3か月借りていいそうです。

まあ、沢山本を読んでほしいです。



22日(金曜日)の朝は、本を友達に見せるからと大量に本(10冊くらい)を鞄に入れていて、
「ちょっと~、首や肩を壊すよ」と言うと、
「うん、これはさすがにヤバい」と、
別の袋に入れていました。


もういっそのこと、キャリーバックにしてあげたい気分です。
(一応カバンは自由だけど、学校で邪魔になって迷惑だろう。)
まあ彼の問題だから任せますが、、心配なのが親心。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
1年間の勉強を経て2018年中学受験に参加しました。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード