「プロ親」になる!親野智可等

<2017年1月 11才9ヶ月>


図書館で借りて読んだ本の記録です。
「「プロ親」になる! 「親力」パワーアップ編 親野智可等」です。





元教師の親野智可等さんの本は何冊か読んだことがあります(こちらなど)。
講演会にも行ったことがあります(こちら)。
親野さんの作ったカルタも持っています。




勉強に関しては「楽しんで」という考えが基本で、
大河ドラマを見て歴史に興味を、、、というようなことが書かれていました。

今まで読んだ本と似通っているので、飛ばし飛ばしサラっと読んだだけですが、
ある箇所が目にとまりました。


メモ書きです(省略あり)。




このクラスを学校でいちばんいいクラスにしよう。
この子をなんとかして成長させてやろう。
この子のだらしないところを、今年中に直してやろう。


そう思ってやっていたときもありました。
そのために、ものすごくたくさん仕事をしていました。
毎回の授業の準備もかなりやりました。
教材を工夫し、問題を工夫し、プリントを作って、というようにがんばりました。
そのこと自体はいいことなのです。
しかし問題は結果を求めすぎていたことです。私は、自分の努力に見合うだけの結果を望みすぎていたのです。

自分はこれだけやっているのに、なぜ子供たちは応えてくれないのだろう、と。なぜ子供たちはがんばらないのだろう、と。

そして、だんだん子供たちに辛く当たるようになりましょた。
とても辛い時期でした。
長く苦しい日々でした。

自分はこれほどやっているのに、
なぜこの子は応えてくれないのだろう、
もっといい結果が出てもいいはずだ、
この子は怠けているのではないだろうか、
このような気持ちが強くなってきて、だんだん不満や怒りがたまってきます。
強く叱ったり、怒りをぶつけるようになってきます。


辛く苦しい時間の中で、私は考えました。



子供を、私の願うように変えることはできない。
相手を、私の思うように変えることはできない。
変わるか変わらないかは、本人の自由であり、強制などできるはずがない。
そもそも、相手を変えようなどということ自体が、僭越なのでないか?
その子には、その子の在りようがある。
その子には、その子の自由がある。
私は、自分がいいと思う方へその子が向かうように働きかけることはする。
教師として、一人の人間として、自分にできる努力をする。
でも、無理矢理強制することはすべきでない。
結果は、子供、相手が決めること。
結果は、自分の手の中にはない。
自分にできることを精いっぱいやり、結果は天に任せる。
人事を尽くして、天命を待つ。
51パーセントの結果でよしとする。

このように私は考えました。
すると、とても気持ちが楽になりました。
結果を望みすぎていたころ、毎朝学校へ行くのが苦痛でした。結果を望まなくなってから、毎朝楽しく学校へ行けるようになりました。
私は、努力しなくていいと思っているのではありません。
子供のために、親としてするべき努力をしていってください。
ただしその際、「結果は委任」して、楽しみながらやっていくことが大切だということを言いたいのです。




「子供を、私の願うように変えることはできない。
相手を、私の思うように変えることはできない。」
わかっていて理解しているつもりでも、忘れがちな言葉です。
51%でよしとする、、か…。
49%のできていないところに目が行きがちですが忘れないようにしたいです。




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

グリーンカレーが食べたい

<2017年1月15日>



去年の末からむしょうに「グリーンカレーが食べたい!」という気持ちがあり、
一人で外出して外食をする場合は、
「(地名)タイ料理」でタイ料理レストランを検索して、
グリーンカレーを食べています。
かれこれ4回くらい。


それに飽き足りず、息子が冬休みで夫の実家へ行って家にいない時に
無印良品グリーンカレーの素を買って来て作りました。
(息子がいると、辛くて食べないだろうから作らない。)
でも、、辛すぎてあまり口に合いませんでしたが…。
夫は「おいしい、おいしい」と言って食べてくれました。







15日(日曜日)に渋谷に行ったときも「渋谷 タイ料理」で検索して
初めてのお店に行ってみました。
シリ パイリンです。


ここは「グリーンカレー」と「イエローカレー」の両方が食べられました。


CA999RAF_convert_20170120094935.jpg




普通のお店だと、1種類のおかずにサラダのところが多いのですが、
ここは、ひき肉炒めご飯&カレー、麺類&ひき肉ごはん、と
2種類食べられるところがいいです。


CA5WH5M4.jpg
(↑どうでもいい話ですが、どうして、上からBCADの順なんだろう。
普通ABCDでしょう。
今気がつきました。)



1品料理もあります。


CATD4TE3.jpg




でも、生春巻きの皮がちょっと固くて、海老とかイカとか豚肉とかメインの具がなくて野菜だけだったのが、
私のポイントが下がるところかな…。


カレーは美味しかったです!
お肉(鶏肉)も沢山入っていて、
ボリュームもグー。


いままで、
大手チェーン店のグリーンカレーは、、イマイチのことが多かったかな。。
お気に入りは大宮のマリタイです。
あまりに美味しくて感動して、2回行きました。
1回目は茄子がとろけていて私好みでしたが、
2回目は開店すぐの時間に行ったからか、
茄子がちょっと固くて思ったのと違って残念。。
(写真撮ったのに、なぜか消してないです。)



グリーンカレー熱はしばらく続きそうです。



あ、あと数年前は「タイカレーの缶詰が美味しい!」と思いましたが(こちら)、
最近匂いがダメになりました。
なんでだろう…。







にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

親業講演会「これって発達障害?それとも個性?」

<2017年1月12日 11才9ヶ月>



(私が勉強したことのある)親業(訓練協会)では毎月一回恵比寿サロン講演会を行っています(会員無料、非会員1000円)。


1月の講演会は松本純さんの「これって発達障害?それとも個性?」~グレーゾーンな子どもとのコミュニケーション」で、聴きに行きました。



松本純さんは「わが子と心が通うとき」という本を書いていらして、
amazonに購入履歴がありました。
(もう1度読んでみようと思います。)




松本さんはご自分のお息子さんが発達障害のグレーゾーンだったそうで、
とても育てにくい体験をされたそうです。


お話はご自分の体験談をまじえてて、わかりやすく、
とても引き込まれるものでした。
「もっと聴いていたい!」と思いました。


自分への備忘録のメモです。
断片的な話なので、わかりにくいかもしれませんが…。
自己満足メモです。


お友達で仲の良い信頼関係のある人から、
もし「あなた、黒が似合うわよ~」と言われたら、
「そうかしら」と思い、次の洋服を買いに行ったときに、
素直に黒を試してみたりする。
そして、似合っていると次に会った時に、
「ありがとう~」と伝えたくなる。

しかし、
いい人なんだけどキライな人(信頼関係のない人)から
「黒が似合うわよ~」と言われたとする。
「そんなことはない」と思うし、
万が一黒を試して似合ったとしても、
その人と会うときはわざと黒を着なかったりする。
まして「ありがとう」なんて言ったりしない。


信頼関係がある場合と無い場合で、
言葉の入り方が違う、
相手への対応が変わる、、。


そんなことは、当たり前のことなのですが、
それを親子関係に当てはめると、
改めて「なるほど」と思いました。
信頼関係がないと、親が何を言っても「聞かない」でしょう。
「親が言っているだから聞きなさい!」じゃ通じない。


***


親業では「行動の四角形」というものがあって、
受容線が真ん中にあり、
「相手の問題」か「自分の問題(自分がイヤだと思う)」かに分けます。


CANMW4SH_convert_20170118105707.jpg



松本さんに言われて改めて気づいたのですが、
「自分がイヤだと思う(自分の問題)」か、
そうではないかは「瞬時に変わっていくもの」。
いつ聞くときなのか(相手の問題)、
いつ語るときなのか(自分の問題)は人に言われるものではなく「自分で気づくもの」。


子どもが問題を持つと、
親がパニックになり「私がなんとかしてあげる」「子どもを変えたい」と思いがちだけど、
まずは「この子の気持ちを聞いてあげて」とのこと。


子どもが癇癪を起こしていると、
親もパニックになり「だまりなさい。よその部屋へ行こう、叩くのやめなさい、やめなさい」となりがちだけど、まずは聞く。


基本的には発達の障害があろうとなかろうと、
どんな子も対応は同じだということ。


発達の障害がある子は「自分の気持ちを言葉にできない」もどかしさから癇癪を起こしていることが多いので、
親業の共感的聞き方でどんな気持ちなのか言葉にしてあげることが効果的な場合が多い、

とのことでした。

まあ、それが難しいんですけどね…。

話ができる状態じゃない場合も多いし、
子どもが落ち着くまで時間がかかると思いますし。周りへの迷惑の問題もありますし。
子どもってめんどくさいし…^^;



でも松本さんの話は心にスッと入る話し方でした。
ご自分で悩んで経験してきた話だからでしょうか。


1つの「効果的な方法」なので、「これが絶対」ということではなく、
日々に生かしていけたらいいです。





にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ボア敷きパット

<2016年1月>



お正月に母のいる広島へ行ったときに、
母が布団に「ボア敷きマット」を用意してくれていました。




(↑同じものではありません。)



寝ると、ホワホワしてあったかくて気持ちいい~。
寝つきの悪いことが多い私も、横になると気持ちよくてすぐ眠れた気がしました。


家に帰ってから、近所のスーパーで家族3人用に3つ買ってきて、布団につけてみました(980円)。



CAWBMDS6.jpg



広島のやつの方が毛が長くて気持ちよかったのですが、
長い毛のは見当たらなかったです。


でも短くても、温かくていいです。
いつも冬本番になると、
毛布に掛け布団2枚をかけていたのですが、
毛布に掛け布団1枚で大丈夫のような…。


毛のはいった薄いシーツのようなのは持っていたのですが、
買ってよかったです。
快適です。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

少年探偵響と怪盗レッド

<2017年1月14,15日 11才9ヶ月>


息子は鉄道好きなので、
鉄道関連のタイトルが付いている本は興味を持って読みます。


なので、
先日「少年探偵 響 豪華特急で駆けぬけろ!の巻」という本を見つけたとき、読ませてあげたくて、
図書館に無かったので中古で買いました。





その本のカバーに同じ作者の本が宣伝で載っていて、
「読みたい!」というので、やはり中古でそろえました。
「怪盗レッド1~12巻」です。






「超面白い~!」だそうで、
せっせと読んでいます。


1701140002.jpg



私は知らなかった作者ですが、シリーズ物でお気に入りが出来てよかったです。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード